2013年05月02日

柘榴

待ち人は訪れない
知っていたけど 待っていたかったの

瘤だらけの幹だから 
棘だらけの枝だから
貴方には 似合わない姿だから
貴方は ここに来てくれないのね

それでもいいの 長雨の降る六月頃
貴方のくちびると よく似た色の
花を咲かせているわ

ひと夏を越えて 秋を迎えると
きいろく紅い 実になるの
だけど あまりにすっぱくて
種が多すぎて 味わいは
ほんの ひとかけら

涙を誘う味だから ここに来てね、と
貴方に言えないだけなの
貴方の手に 届かないだけなの
このまま裂けて はじけてしまうのね

破れた果皮から ふぞろいで
血の色をした種が のぞくの
貴方がそれを見たくないと 望むのなら
熟さない果実でもいいの
果実酒に ならなくてもいいの
花も実も封じていても そばにいたかったの

木枯しが 吹いて
ひとつひとつ 葉を散らせて
いくつ季節が 流れても
ひそやかに 音もなく
流れる自然に 打たれたまま
ここに 立っているわ
ただ ひとり……




posted by 水月 りら at 21:23| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。