2013年05月06日

おぼろ桜

朧月夜に散りし ほのめく闇桜
もうろうとまどう痛みのように
浮かぶ花びら 千鳥足に寄り添って
ひとひらふたひら とぎれなく
姿を捨てて 淡雪の化身に身を委ね
夜風を吹かす影武者の
とうめいな囁きを聴いている

見えない貴方を愛してしまった花びらは
朧月夜の闇をえらんで散るのでしょう
闇夜の高貴な幸を知ってしまったから

こぼれる夜露 桜色のぬくもり残す
からめていた指から伝わっていた
貴方のなだらかな脈の微熱が胸を突く
人肌とまじわる夜風の寂寞を
そっとくるんで花びらは

散って、
  散って、
   貴方の朧に散らしていく

むすうの涙で貴方を掬いたかった
貴方に捧げたかった
月影にうるんだ 華しぐれ





posted by 水月 りら at 21:58| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。