2013年05月18日

高層ビル

そびえ立つ行き先は 
空にかすれて 
何も見えない錯覚を 
見える現実に映している
四方を塞いだ巨大な理想
積みあげられて
虚ろな谷間に落ちこぼれた
幻覚の微笑
ぼやけては鮮明に
霧のかかる信号のように
明滅する
吹き抜けるがらんどうの風
ぶつかり合って
いびつに歪みながら
それでも尚
支えようとしている
人工の街に残る
吐息の温度を感じて
建ち続けようとしている
溜めこんでしまった混沌は
誰のものでもなく
圧迫の壁に反射しては
穢れを捨ててゆく
その願いのために
大都会の創生は
計画された
創造者の手のひらのなかで
コンクリートを
いくら登りつめても
それがほんとうに欲しいものでは
なかったと
知ってしまっても
灰色の無味乾燥を
抱きしめては
空を見上げている
構想ビル







posted by 水月 りら at 21:32| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。