2013年05月19日

桜しぐれ

結び髪を ほどいたら
ひとたばの髪は ひとひらずつ
しなやかに ほどけて
扇のひだを 織りなして
腰をつたう いくつもの花しずく

花露こぼれた あなたのてのひらに
そっと そっと……




Part 1

蒼い空を見つけた その瞬間(とき)から
止まらない 胸に押し寄せる
いくつもの荒波の雲はかすみ
指先までひびいて
握りこびしをひらいたら
いつつの花びらその行方

空に触れるのは いけなかったのね
宙(そら)に浮かぶのは いけなかったのね
ここで咲きこぼれる宿命(さだめ)を 破り
飛んでいくのは いけなかったのね

桜風が ふいたなら
散って あなたに近づいて
散って あなたに手をかさね

召されるところが 天でなくても
枯れ果ての道を 歩いても

眠れる空の夢の中で
ほんのひと時 肩にもたれたら
朝焼けなんて なくてもいいの

桜雨がしぐれたら
散って あなたの涙を拭い
散って 花のしまきに消え

こゆびの爪ほどの 花びらを
あなたのかたすみに 
忘れないでいて……






posted by 水月 りら at 20:48| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。