2013年08月31日

詩集「にじのはし」 第1章

  詩集「にじのはし」     


  あした あいに いくから

踏まれても踏まれても
笑って咲いている花の笑顔で

 あした
 あい
 にいくから

雨に濡れても
平気でスキップできる長靴で

 あした
 合い
 にいくから

千歩あるいて
まだ遠くなら万歩歩いて

 あした
 逢い
 にいくから

時をつみかさねるほど
最初に書いた言霊は新しく

 あした
 愛
 にいくから


  夜桜

くらやみも ゆめをみる
そっとひらく はなのゆめをみる

ちりゆくはなも ゆめをみる
くらやみにまいちる 
つきあかりのゆめをみる

やみにだかれて
はなびらは よみがえる
ひつつぶの ひかりに



  勿忘草

小さな花びらは
朝露を抱いていた

淡く光る水玉は
陽だまりに消えてゆく

誰も知らない
道のかたすみで

花びらと水玉の
小さなお別れが
たえまなく消えて

ふたたび
花びらに落ちる
一滴の露のために
雫は何ものこさない

ゆくえを告げずに
風に去りゆく
あなたに

空へ
願うがまま
空色になり
囁いていた

忘れないで


  
  枯れていくほど

庭の薔薇を一輪
花瓶に挿したのは
少しでも君を
ながめていたかったから

あざやかな時間が
ゆっくり流れていくように
ぼくは 毎日
水替えをしたけれど

薔薇は萎えはじめ
紅い花びらは
黒味を帯びてくる

ぼくは水替えを
やめられない

花びらが一枚一枚
テーブルに落ちてゆく
ぼくはその花びらを
捨てられずに
コップの水に
浮かべてみた

薔薇は
ぼくにうなずきながら
あたまを深く深く
垂れて

花は枯れてゆくほど
おじぎをする
ありがとう と


  
  八重山吹

しなやかな枝に揺れ
八重の花びら 金色に咲く

鮮やかな呼吸をくりかえし
光の呼ぶ声に 色濃く映る花(シル)影(エット)

実りを求めず ひらく花
時を忘れず ぬくもり目覚め

輝きあつめた 七重八重
約束のない明日に.育つ花

実らぬ花の絆は深く
咲き乱れ 無き実の祈りになる

結ばれる魂に逢いたくて
生まれるたびに 風に囁く貴女

  


  長雨

ずっと泣いていてもいい
くもり空もお陽さまも
かくしていたい

あなたと暮れていけるのなら
いつまでも降りやまないで

びしょ濡れの蝙蝠傘が
あなたと手をつなげるのは
雨の日だけ


  
  たんぽぽ

あなたをまっていたくて
いつのまにか
しろいわたげになってしまったね

あなたをおいかけたくて
そらをみつめて 
かぜにふかれたよ

みつからないように
とんでいく
わたげのすがたなら
あなたにあえるかしら



  抱擁

あなたのからだと
わたしのからだの
さかいめが
なくなってゆく


  
  空白

とうめいなガラスに いきをふきかけ
曇らせてみたくなる
指でたどって あなたをかいてみる

くもりガラスに アイシテル
その文字の空白だけが
透きとおっている




 

posted by 水月 りら at 23:43| ポエム | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。