2013年09月11日

木漏れ日

にんげんから
とおざかるように
木はしげる

にんげんから
のがれていくように
枝がのびる

むぞうさに
しげる 雑木林
木々のかげで
いくつもの
ちいさな命は
呼んでいる

ひとつぶの光
ひとすじに
葉っぱの
すきまから
ふりそそぎ

にんげんが
とどかない空間で
小さな妖精が
ほほ笑んでいる




posted by 水月 りら at 22:23| ポエム | 更新情報をチェックする

はなさないで

その腕を
その手を
その肩を
その胸を
その足を
その顔を
その唇を
その体を
その熱を
その秘密を
 
はなさないで
闇のなかだから
見つけていたい
たったひとりの
愛しいあなた

posted by 水月 りら at 21:56| ポエム | 更新情報をチェックする

鶴の恩返し


一枚一枚の 羽根を千切って
機(はた)を織っていた
鶴のように
わたしも
一枚一枚 羽根を千切って
描いていきます

伝えていたいのです
見つからないのです
見失ってしまいそうなのです
千切る羽根すら
もう 無くなってしまいそう
だけど 探していたいのです

毎日 あなたに贈る
ささやかな 恋文
おはよう
おやすみ
たった それだけを
長々と 綴る日
ひと言を 綴る日

ぎこちなくて
つぎあとだらけの
恋文だけど
一枚の羽根を添えて
あなたに 捧げます

一羽の鶴が 
身を削り
恩返しを したように



posted by 水月 りら at 21:47| ポエム | 更新情報をチェックする

いつも

ケータイでんわのように
さいふのように
一枚のハンカチのように
あなたをくるむスカーフのように

いつも
肌身はなさず
わたしを

はぐれてしまっても
はぐれた場所にあなたがいる
探さなくてもわたしの場所を知っている
数え切れない時間をついやしても
惹き合っている

すべての人がルフの言葉に
気がついていなくても
あなただけは伝えていて
ルフが愛したあなたの言葉を
わたしに









*ルフ…空・海・大地、すべてに存在し、生物にも宿っている魔力
(「マギ」大島忍作より、引用しました)



posted by 水月 りら at 21:41| ポエム | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。