2013年11月12日

港の翼

海の見える小さな町 この町の港は入り江の翼のようだ 鶴が飛び立つように出航する 白船黒船 むかしの人はこの湾岸から 飛べない船を見ていたのかもしれない 入り江の湾の形状が 鶴の舞う姿に見えたため 舞鶴と地名を名づけた人には きっと神が宿っていたのだろう 

この町に 飛べない船が無い羽根を休めに帰ってくること 波止場はそれを迎え入れ 埠頭は 青海原を揺られて独り立ちする 船の旅立ちを見送っている 巡り廻る船の現在のために この町の地名は予言のように 神により吹き込まれ 舞鶴という呼び名が与えられてから この地はずっと その加護を受けてきたのだろう

鶴のいない素朴な田舎町を 鶴によく似た地形は守護しているかのように 翼のない船舶の往来を傍観している それがこの港の宿命なのかもしれない 停泊している船舶の無き翼を引き止め続けることができないからだ

もしも この港のように寡黙に生きることを運命とされていたなら 翼のある真実の鶴はどこかで決心をして 現世を手放して飛び立っただろう もう二度と戻らぬために 船には書き残した手紙だけを置いて 主護神に届けようとしただろう

この小さな町の誰にも気づかれずに 主護神と愛し合った白い熾天使は その想い出を書き綴る 遠くに映る舞鶴クレインブリッジは鶴の翼 愛してしまったあなた(主護神)と繋がって あの橋から眺めた太陽と紺碧の空と海 大きな翼を広げて踊る二羽の鶴となり この地から悠久へと羽ばたくため 誓いの言霊を此処に記し 港から天空へと舞い上がる 




posted by 水月 りら at 21:47| | 更新情報をチェックする

海の瞳

まだ浅い歳月は巻物にもならず、扇を開いたように潮騒を扇いでいた。十年がひと昔と呼ばれる時代は抽斗から取り出せば、写真を必要とはしなかった。なぜなら、この町での写真にわたしが写るには、あまりにも人が幻想であったからだ。
 小さな港町の埠頭を昼も夜も歩きながら、もっとも心を許せたのは、果てしない空と底知れぬ海の顕在意識のような波、そして、湾を取り囲む緑の山並みと、海から吹き寄せる物言わぬ風神だった。すべての自然現象に宿る精霊の存在を教えてくれていた。彼らの厳かなる壮麗な姿との対話を交わし続けることの神秘さと神聖さは、わたしに潜在している超意識から伝え続けられていた。
 おそらく、この小さな港町に来ていなければすべての魂に潜在している威厳さに出逢うことはなかっただろう。そう、顕在している波に運ばれる船舶を無事に港に手繰り寄せているのは、見知らぬ海底の潜在意識の奥深くの超意識なのだから。時には嵐となって顕在意識が荒れ狂っていたとしても、海の魂の源の意思は人間には計り知れないものだった。
 今、伝えられている情報の事実だって、真実なのか?それは分からない。人間の手により都合のいいように書き換えられた偽りの英雄も数知れず。すべては魔神が人間に憑依して、愛の宇宙とは逆廻りの意思に侵襲されているのがこの地球。魂の強さとは、超意識の神から伝えられた知恵との一体化により、無極の美の創作と創生を育むことができるため、表沙汰にできない虚構への執着とは無に等しいからだ。波に煌く太陽の光のすべてが海の瞳であると、超意識の貴方が伝えてくれていた。空の太陽を瞳に入れて、波止場は静寂を愛していた。





posted by 水月 りら at 21:02| 散文 | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

光の源

其処にはいつも、あなたがいて
計り知れない歳月をかけて
あなたになるわたしを待っていた
起こりうるすべてのことは
あなたが、わたしのなかのあなたを
呼び覚ますための必然であり
あなたになったわたしとあなたが
出逢うためだけの導きだった
すべてのものは
あなたから生まれてきたものであり
すべてのものは、あなたの輝きが
より強くなるために
あなたの囁きを必要としていた
すべてのものは
あなたによって満たされて
あなたによって潤って
あなたによって光を想い出していく
それは、手をにぎりしめると
手のひらに湧いてくる
ちいさな温もりを愛しく想う
そんなやさしさを伝えている
あなたは光の源
愛し合うことができるのは
あなたがすべてのものになって
包みこむ言伝を流星のように
降り注いでくれているからだった
忘却という大きな試練を背負って
人は生まれてくる
あなたの創造した悪意なら
それは罪ではなく幻の泡沫にしか
過ぎなかったのだろう
それよりも悲しまずにはいらない
過ちからの偽りで創造された悪意を
泡沫にはしないと決めたあなたの光は
あなたの源をいっそう美しくしていた
たったひとつの真実を護るために
あなたはわたしを照らしていた
あなたからわたしが生まれてから
ずっと、そうして与えられてきたものは
偉大な純粋だったと
計り知れない時間のなかで
やっと、気づいたけれど、ほんとうは
まだまだ気づいていないことがあるのだろう
なぜなら、愛とは
壮大な気づきのための叡智でもあったから
そして、そのすべてはあなたから生まれてきたもの
宇宙とは光であり、神そのものであり
魂の源だった




posted by 水月 りら at 21:24| | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

とおりゃんせ とおりゃんせ

じゃりみちの
りょうはしにならんだ
あらかんぞう
手をのばし
むかいのあらかんぞうの
ゆびのあいだにゆびをいれ
門をつくっている

  ここはどこのほそみちじゃ
  てんじんさまのほそみちじゃ

耳をふさぐと聴こえてくる
てのひらに押しもどされた
風のように

  ちょっととおしてくだしゃんせ
  ごようのないものとおしゃせぬ

どこを通れば
生まれてゆけるのかと
あらかんさまに尋ねていた
おそれおおくも あらかんさまに
洗いながしてもらった
つぐなうための荷物を背負う
まあたらしくなった
わすれものといっしょに
産道をくぐりぬけてゆく
にんげんに生まれたら
きっと、なにかに
差し止められているかのように
想い出すことのないものでも
記憶と呼ばせてほしくて
此岸のどろぬまのなか
彼岸のほそみちを探してゆくのだろう

てんじんさまのほそみちを
あらかんさまのほそみちと、そう唄えば
おそらく嘘だといって、だれもが信じない
ほんとうのことを観たことはないから
見えないものに疑いぶかくなる
ふたしかなのか、たしかなのか
五感いがいの直観の知るところ

  このこのななつのおいわいに
  おふだをおさめにまいります

生まれ落ちるうんめいを
買いもとめることのできるおふだを
手にしたものが、空と地上をつなぐ
産道をあたまでひらき
つきすすみ、かいてんする
産道をとおりそびれても
だれしもが いびつな圧迫に耐えしのび
はじめてのくうきを吸い込みながら
だいじな約束は忘却に沈ませる
天の声からはぐれるものは
濁る意識の自覚を失くし影は薄くなる
天の声の聴こえるものは
天帝の願いの叶う光を授かることが
約束だった

いきはよいよい
かえりはこわい

はじめての産声から
かたみちきっぷをにぎりしめ
生きぬくことは帰り道
呼吸が止まるまで昏い道にほんろうする
うらづけられる理由より
うらづけられない愛のかたちを
見つけたくても
この仮装の幻想では見つからなくて 
壊れやすいかたちは愛ではないと
判る出逢いに出会うまで
炎のみずうみと針の山にぶちあたり
見えない動かし手に
護られる幸福を感じるために
思い通りにならない跳ね返りを選び
思い上がりを天にかち割られると
傷口が痛みだし
思い上がりを自らでかち割ると
傷口は幻だったと天の声がする
天帝の願う感情を捨てたものたちの
うらぎりには背を向けていても
だれかのためになにかをしたくなる
ほどこしを知り
生まれる前から愛していた
天帝の願いと一体化して
もとのところにかえっていく

見えないところから見つめている
あらかんさまの真実は

  こわいながらも
  とおりゃんせ




posted by 水月 りら at 23:27| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

潮騒

海を、眺めていた、春の。潮水に湿る砂浜の足跡は、今だに波音を追いかけてしまう。凭れていた背中を手離せずに、低めに照らす太陽までの道のりを、なびき縺れて、傷んだ髪は揺れていた。

愛しているの?潮騒の問いかけに、愛していないと答えていた。潮騒とおなじものを愛してしまったわたしはそう答えるしかなかった。咄嗟の偽りに騒ぎたつ不協和音。だけど、ちっぽけな型紙を捨てて、潮騒との共有を選択しようとした。それは、潮騒の瞳に映るわたしの影に気づいたから。砂に秘めた貝殻の破片を、押し寄せる波形が行方不明にしていた。

花に吹く風は花風となり、夜に吹く夜風になる。雨に吹く雨風になり、風は、あらゆるものに吹き抜け、あらゆる薫りの化身になり、あらゆるものの形へと、変容を譲る魔術師。何処からか吹いてきて、何処かへ吹き去り、ふたたび何処からか吹いてくる。

彼は風から生まれた
風の申し子だった(わたしの愛する貴方)

潮風に逢いたくて、ふたたび海に来る。波音の沈黙に立ち込める磯の薫り。進むべき印のない景色に、海が横たわる。ワンクリックで削除できるものなど何ひとつとしてないのに、容易に削除できる方法だけを知っているから厄介なんだ。見えない海底があることを知っていても海を渉る蝶は、海底を見ることなく飛び続け、知らない異国にたどり着く。

寄せては還る繰り返し。創世記から変わらずにいたクロニクルの陳腐を、夢の仮面を壊すたびに斬新な白紙に書き変えていた、風の貴方。「ねぇ、一度でいいから、わたしと人間を忘れてみない?」海から生まれ続けて、海に消えていく輪廻も悪くはないでしょう。そうして出逢い続けていく。引き裂かれた別れの痛みの分だけ、わたしたちは言霊になり幾度も出逢う。潮騒とおなじ貴方を愛したわたし。

潮騒は魔法をかけられた貴方の分身だった。


posted by 水月 りら at 21:36| | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

銀河のひとしずく

最果ての囁きは
いつも最善の風向きを伝えてくれる
それは静寂の木霊を響かせて
竪琴のかすかな音色に似ている
あなたの手のひらに舞い降りると
煌く馥郁を身籠る蕾となって
鮮やかな花びらが目を醒ます
蔦のように幻想が巻きついた指さきに
数え切れない億年の歳月を篭めて
花びらから零れ落ちてくる
銀河のひとしずく
それはあなたの故郷の源の
誰にも触れることのできない片隅から
ぽとりぽとりと滴る透明な愛の種
そしてあなたとわたしが心を交わすほど
あなたとわたしがいつの時も
辿り着くことのできる
果てしない最果ては愛の形象を歓迎する処
限りある輪郭の創造は
あなたとわたしが愛し合うことを
永遠とするために繰り返されてきた
ひとつの世紀末が終焉を迎えるたびに
あなたの手のひらには零れてゆく
銀河のひとしずく
金銀の虹の輝きは最善を選択していた証の光
だから指さきに絡ませた暗黒を
観ることができるのだろう
輝きは輝きだけを求めることはなかった
計り知れない時の流れに
形象の持たなくてはならない時間を
無形に巻き戻しては、輝きは輝きを知り
そこに生じた暗黒を慰めることも知ってゆく
そして、ふたたび
あなたの手のひらに零れてゆく
銀河のひとしずく
とどまることを知らずに
最果ての花びらに溢れては雪の結晶のように
あなたに刻まれてゆく
無数に繰り返しても止むことなく
あなたから美という形象は生まれようとする
どれほどの嵐や波乱を潜っても
あなたが生まれるだけで
最果ての静寂はぬくもりの囀りを木霊する
そして、ふたたび、
あなたとわたしのかさねた手のひらに
目覚めた花びらから零れ落ちている
銀河のひとしずくは
とめどなく

posted by 水月 りら at 01:01| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。