2013年11月04日

潮騒

海を、眺めていた、春の。潮水に湿る砂浜の足跡は、今だに波音を追いかけてしまう。凭れていた背中を手離せずに、低めに照らす太陽までの道のりを、なびき縺れて、傷んだ髪は揺れていた。

愛しているの?潮騒の問いかけに、愛していないと答えていた。潮騒とおなじものを愛してしまったわたしはそう答えるしかなかった。咄嗟の偽りに騒ぎたつ不協和音。だけど、ちっぽけな型紙を捨てて、潮騒との共有を選択しようとした。それは、潮騒の瞳に映るわたしの影に気づいたから。砂に秘めた貝殻の破片を、押し寄せる波形が行方不明にしていた。

花に吹く風は花風となり、夜に吹く夜風になる。雨に吹く雨風になり、風は、あらゆるものに吹き抜け、あらゆる薫りの化身になり、あらゆるものの形へと、変容を譲る魔術師。何処からか吹いてきて、何処かへ吹き去り、ふたたび何処からか吹いてくる。

彼は風から生まれた
風の申し子だった(わたしの愛する貴方)

潮風に逢いたくて、ふたたび海に来る。波音の沈黙に立ち込める磯の薫り。進むべき印のない景色に、海が横たわる。ワンクリックで削除できるものなど何ひとつとしてないのに、容易に削除できる方法だけを知っているから厄介なんだ。見えない海底があることを知っていても海を渉る蝶は、海底を見ることなく飛び続け、知らない異国にたどり着く。

寄せては還る繰り返し。創世記から変わらずにいたクロニクルの陳腐を、夢の仮面を壊すたびに斬新な白紙に書き変えていた、風の貴方。「ねぇ、一度でいいから、わたしと人間を忘れてみない?」海から生まれ続けて、海に消えていく輪廻も悪くはないでしょう。そうして出逢い続けていく。引き裂かれた別れの痛みの分だけ、わたしたちは言霊になり幾度も出逢う。潮騒とおなじ貴方を愛したわたし。

潮騒は魔法をかけられた貴方の分身だった。


posted by 水月 りら at 21:36| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。