2013年04月26日

AGEHA蝶

生まれたばかりの
縞模様(ストライプ)の羽根は
渇くのをじっと 待っている
閉じた扉のように

たとえ 君を好きだとしても
君をいざなうことはしないだろう
たとえ 君を抱きしめたくても
ぼくの穢れた手を
差し出すことはしないだろう

太陽から搾る 光の帯が
君に 降り注ぐ
はじめて誰かに
抱かれていくように
黒真珠色の 愁いが
陽光に ほどけていく

君の濡れた睫毛が 揺れうごき
開く扉に 縞模様の万華鏡
空へと向かい 乱舞する
鮮やかな 弧を
えがき



posted by 水月 りら at 22:17| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。