2013年04月29日

紫陽花

水無月の雨は絹糸のように
あなたにふりそそぐ
ひすい色の葉に浮かぶ
ふくよかな艶姿(あですがた)

ひと粒の愁いは
いくつもの愁いに木霊して
ふるえたまるい輪郭の
愁いの花輪は雨に染む

 雨も涙も消えるとき
 もう透明ではなかったの
 こぼれた場所の色に
 なったから

 あなたと同じね

咲きこぼれた場所の土の性で
あなたは土の希みの色となり
どんより雲に雨を呼んでいる

 かすったら鼓動は白くゆれ
 紫に吐く息はかたむき色づいて
 見つめたら ほてる肌熱く熟れ
 いかないで…見送った 蒼い露

ふりやまない水無月の雨
ぬれても なお つめたく
ぬれるほどに愁いは冴えかえり
あなたのむごんの雫
いくつもの雨にまみれて





 
posted by 水月 りら at 16:33| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。