2013年05月25日

ことだま

すはだから つたわる
ふたりのおんどは とけあって
ほおずりする おなじおんど
こんなに あなたのそばにいて
あなたの ふれるもの
そのすべてに おくる
ことだま つづる

 いっしゅんのぬくもりを
 おぼえていてください          
 こぼれるといきを              
 すくっていてください
 このひとときを
 いのちのかぎりと
 うたわないでください
         

さくらのように 
せつなのひかりなら        
ちって あなたに 
ささげることを
えらぶでしょう
はなれても はなれても 
ひかれあう
なんど いのちをおえても
ふたたび ひかれあうために
いのちは かぎりあることを
えらんでいるのでしょう
 

はなのすがたでは つたえられなくて        
ことばにできない おもいを         
かぜとあめにたくして
あなたの みらいに 
ちっていきましょう

 

あわゆきの はなびらは
  いとゆうに ちりみだれ
   しめやかに まいおりて
    てのひらに こぼれおち
     るりいろの そらをよぶ




posted by 水月 りら at 21:44| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。