2013年06月10日

たからもの

わらいながら
てをつなぎ
なきながら
だきあっていた
ふさぎこむものを
あたためて
ぶつかるほどにしっていた
あなたのなかの
あなたのわたし
あなたのなかの
あなたではなかった
わたしを

あふれるほしぞらも
ほしのみえない よぞらも
わたしのすべてを とおして
あなたは えがいていた
あなたらしくなるような
わたしを

ほっきょくせいをめぐる
ななつぼしと カシオペアは
じゅんすいと ふじゅんの こんとんから
あなたではないものを けずりおとし
ほんとうのつよさを レリーフにする
かんぜいされた
ヴィーナスのかがやきに

「きみに あげたいものは
たべたら なくなる
チョコレートでは なくて
よぞらをながめる しゅんかんだけ」

よぞらがうまれるまえから
あなたとわたしは しっていた
なにげない たからもの
それは くりかえし
ほくとしちせいで すくっている 
こぼれるほどの
あつい じかん






posted by 水月 りら at 21:37| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。