2013年07月26日

キャンディ

あなたを口にふくむと
ほろっとこぼれてくる
そらいっぱいのほほえみ
ありったけのやさしさ
だれかにあげると
また、どこからか
あなたがやってくる
キャンディのひと粒から
あふれてくる
かなしみとよろこびの
まざり合った淡い甘さ
噛み砕かずに
いちずに溶かしていく
あなたも知らなかったあなたの甘さが
ほんのり溶けて
わたしの知らなかったわたしが
あなたに「おはよう」と唄っている
生まれる前から知っていた
ミルク色の記憶をたぐりよせ
あなたとかさねている
にぎりしめたくなる 
まるいひと粒
ずっと頬ばっている
カタチが小さくなっても
ひろがっていく
わたしの源だったあなたが
あなたを思い出し
あなたになったわたしが
ふたたび包み紙をひらいたら 
おしみなくあなたにあげたい 
とろけるものがたり
かなしみもよろこびも
あなたのすべて
語り継ぐあなたの声に耳を澄ませば
よそ風のように届けられてくる
あなたからのキャンディの
かぞえ切れない和みのひと時は
あなたの存在する
にじ色の世界のおくりもの
しあわせの続きは あなただけ



posted by 水月 りら at 22:28| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。