2013年09月03日

詩集「にじのはし」 第4章 1

にじのはし

にびいろの雨雲に あながあき
ほんのり明るくなる地上

生まれてすぐに息絶えて
影がほしいとさまよう子どもに
あわい光がテをつなぐ

影のない子が光の道にすくわれて
のびやかにわたる にじのはし

はぐくまれていた つかのまのきおく
しずかな安らぎによみがえる

空と地上をつなぐ なないろは
おかあさんとつながっていた 
命の帯




  ひと粒の雨

かなたの空から
落ちてくるひと粒の雨
だだっ広い大地に
まっすぐに
かぎりなく
一点を見つめて
落下の夢は
跳ね返る大地の息吹
とどまり
流れ
土の潤いのひと粒になり
風の艶のひとかけらとなり
何かと結ばれて何かになるために
かなたの空から
やってくるひと粒の雨
その行方はいつも
あなたの心を伝えている
ひと粒の雨
あなたという宇宙の木霊
  


  まもり神

眠るって どこまでも
あなたといっしょ
目を閉じると
まぶたの闇に
あなたが点る
小さな目映い
ひとつぶの光になって
やがて、あなたの顔になる
息絶える瞬間
あなたが迎えにやってくる
この低次元の幻への失望を
希望に変える
あなたは純粋
まぶたの闇に点る
魂の光は
この低次元の幻の企てから
いつもわたしを護っていた

眠るって 限りなく
あなたといっしょ
このまま魂はからだを抜け出して
あなたと創造する
この低次元の幻が演じる偽りを
すべて真実に置き換える
神というあなたと結ばれて
この幻の歪みが犯した過ちを
すべて消滅させてゆく
眠らない光は
やすらかな眠りを
この地球に

  

  

  長靴


余裕のある感触が 好きだった
水たまりを かけまわることも
水はねを 気にしなくていいことも
好きだった
雪道の サックサックという足音も
大好きだった

大雪の町から 長靴をはいて
電車に 三時間ゆれらた
にぎやかな駅には 
オシャレなブーツが
足早に 過ぎていく
居場所のない コンクリートの階段
カン高い靴音たち
路上を 木枯らしが吹きぬける

だけど わたしの足は
温められていた
あなたの内側から
湧きだす熱が 骨まで包む
ほかほかと 
体の芯に 語りかけてくる

あなたが あったかいよ

白い息を 吐いたら
こぼれ落ちてきた 



  
むら雲

きみの姿が 
闇に冴えかえり
じゅんぱくの光が
ぼくの夜に零れ落ちる

手をにぎると
そこから 君が
とうめいに なっていく

透けた輪郭を
手探りで なぞり
君を たしかめている

強く 抱くほど
ぼくの体を すり抜けて
君は 透きとおる

手をはなすと 
夜空にのぼる 君
まるく蒼白く 遠くなり

星にも 海にも 露草にも
君は ほほ笑んでいる

ぼくは 時々
ひとり占めしたくなる
くろい雲になって
君を かくしている


posted by 水月 りら at 23:18| 詩/ポエム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。