2013年09月30日

見当たらない

ゆうちゃんが
青い顔して何かをさがしている

おかあさん 
ゲームソフトが失くなったぁ
遊びにきてたさとし君に
盗られたんだぁ

くちびるとがらせて ゆうちゃん
ひとみはうるんで 
にぎりこぶしで こらえている
おかあさんは しゃがみこんで
ゆうちゃんの右肩から 
声をかけていた

だって 
まっしょうめんから向き合うと
ゆうちゃん ほんとのこと
言えなくなってしまうから
ゆうちゃんったら 
さがしもしてないのに
すぐに 失くなったぁ、だ、なんて
ゆうちゃんったら 
見てもいないのに
すぐに 盗られたんだぁ、なんて

ゆうちゃん
失くなったわけでも 
盗られたわけでもないでしょう
見あたらないって 
言ってみようか
まぁるく ひびくでしょう

見あたらない
聞きなれない言葉は 
卵から孵ったヒナのように 
ゆうちゃんの頭を
ぐるぐる歩きまわっていた
見あたる 見あたらない


言葉にはコインのように裏表がある
裏に隠れた、見あたらない、という奴は
こたつに閉じこもって 
昼寝ばかりしていても
いざという 学芸会の舞台で
拍手喝采をあびて汗をかきかき
つたない名台詞を叫んでいるような

おかあさんは
ゆうちゃんの肩を抱いて
遠くを見つめるゆうちゃんの瞳に
語りかけながら
その視界にゆっくりと
ほほえんでいたけれど
おかあさんのお説教もぬくもりも
なんとなく 
わかっていたけれど

ゆうちゃんは 
あたらしく出逢った 
見あたらない、に  
顔がほくほくほころんで

ゆうちゃんはゴソゴソと
ゲームソフトをさがしはじめた
ほんとうは昨日おとうさんが
むぞうさにおいた新聞紙のしたに
かくれているんだけどさ
ゆうちゃん、新聞には興味ないから
見えていないの
明日 きっと出てくるんだけどね
あっ ゆうちゃんが何か言ってる

おかあさん
やっぱり 見あたらないね




posted by 水月 りら at 22:44| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。