2013年10月04日

信念は現実になるーベルリンの壁の落書きー

ダウジングとは潜在している意識と直結して、振り子を動かす超常現象と説明されている。このダウジングを行うようになってから、チャネリング(常識的な通信手段では情報を交信できない相手《高次の存在・神・死者・未来人》とコミュニケーションをすること)を確かなものとしてしまった。信じ難いことではあるが、わたしの持つ振り子の揺れは尋常ではない。それは、わたしの生命エネルギーの源が潜在意識を超えた超意識と直結していたからだった。日常の出来事の全ては、人間が動かす現象と当たり前のように思われているが、そうではなく、目には映らない潜在意識の動きで動かされていると考えた方が正解に値する。しかし、多くの人々は見えない力を信じない。それが、この現世の悪循環を引き寄せている。超意識とは純粋意識であり、純粋な心が魂の根源であり真実の愛。宇宙は純粋な心しか愛さない。この純粋意識が二の次にされているこの混沌で、口先だけの標語のような綺麗事を並べたとしても、その根底には名誉欲や営利目的、私利私欲が絡んでいては、純粋意識に反するため、より禍の方向へと流れるのが、この宇宙の法則。例えば、子どもの学力診断テスト。各都道府県で点数を比較して、高得点ならば、それだけで優秀であるかのように報じられ、その報道を民衆は鵜呑みにする。都道府県でテストの点数だけを比較することは何の意味もなく、そんなことが学力向上の大黒柱ではないことを理解できない大人が多くいる。点数を競うことは悪いことではないが、都道府県の名誉のためにしている誰かがいる限り、それは愛の心から反している。当然、子ども達の心は反比例してナイーヴになり人間関係のトラブルとうまく向き合えず、高成績のニートの要因となっている。これはダウジングを通して超意識から伝えられたこと。「この壁は崩壊するだろう。信念は現実になる」ベルリンの壁は、落書き通り崩壊した。純粋な信念が混沌を崩壊する。



posted by 水月 りら at 19:38| | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。