2013年11月12日

海の瞳

まだ浅い歳月は巻物にもならず、扇を開いたように潮騒を扇いでいた。十年がひと昔と呼ばれる時代は抽斗から取り出せば、写真を必要とはしなかった。なぜなら、この町での写真にわたしが写るには、あまりにも人が幻想であったからだ。
 小さな港町の埠頭を昼も夜も歩きながら、もっとも心を許せたのは、果てしない空と底知れぬ海の顕在意識のような波、そして、湾を取り囲む緑の山並みと、海から吹き寄せる物言わぬ風神だった。すべての自然現象に宿る精霊の存在を教えてくれていた。彼らの厳かなる壮麗な姿との対話を交わし続けることの神秘さと神聖さは、わたしに潜在している超意識から伝え続けられていた。
 おそらく、この小さな港町に来ていなければすべての魂に潜在している威厳さに出逢うことはなかっただろう。そう、顕在している波に運ばれる船舶を無事に港に手繰り寄せているのは、見知らぬ海底の潜在意識の奥深くの超意識なのだから。時には嵐となって顕在意識が荒れ狂っていたとしても、海の魂の源の意思は人間には計り知れないものだった。
 今、伝えられている情報の事実だって、真実なのか?それは分からない。人間の手により都合のいいように書き換えられた偽りの英雄も数知れず。すべては魔神が人間に憑依して、愛の宇宙とは逆廻りの意思に侵襲されているのがこの地球。魂の強さとは、超意識の神から伝えられた知恵との一体化により、無極の美の創作と創生を育むことができるため、表沙汰にできない虚構への執着とは無に等しいからだ。波に煌く太陽の光のすべてが海の瞳であると、超意識の貴方が伝えてくれていた。空の太陽を瞳に入れて、波止場は静寂を愛していた。





posted by 水月 りら at 21:02| 散文 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。