2013年09月04日

始終「にじのはし」第4章 2

 受容

あなたの死の便りを耳にしたのは
雪の舞い降りる季節(とき)だった


パーキンソン病の症状は進行するばかりで
食事もうまく飲み込めなくなり
肺炎になって入院したけれど
治療を拒否して すぐに退院した
娘たちに苦労はかけたくないから
家で安らかに逝きたいのだと
あなたは家で家族に看取られながら
眠られたと、いう話だった

わたしは思い出していた
つい、この前のこと
あの日も窓の外 木枯らしに粉雪舞う時

 ひとりでは何にもできひんわ
 手が震えて思い通りには動かへんわ
 転びそうになって歩けへんし
 人の迷惑になるばっかりや
 それでも 死ぬに死ねずにいる
 もう いいのにね
 こんなに背中曲がって
 厄介者には、終わりがきたっていいのにね

陽の当たらない台所
流し台の下に敷かれた
唯一あたたかい一畳半のホットカーペット
二人してしゃがみこんでいた

 今まで みんなのために充分に
 尽くされてきたのでしょう
 そんなこと思わなくっていいよ

そう話しても あなたは俯いてしまう
負い目を感じていた あなた
 
 人間は桜のように散っていけへんよ
 死に方は誰にも選べへんわ

舞い散る雪のように
ちらちら あなたは呟いた
カーペットの沁みに
小さな声が吸い込まれていた

花びらが散るような雪の中
てのひらにおちては消えた

病に巻かれながらも
汗水ながして生きた道
散りゆく人生(とき)を受け止めて
臨んだ最期は花吹雪だったよと
雪に語る
あなたが笑っているようで
頷いていたようで


ちらちらとあなたの言葉
何度も思い出して
街は白く変わっていく



  三叉路

不思議ね
  行きたいところに
 行けなくても
一本道は 三叉路に
  たどり着く

立ち止まる
   振りかえる
 誰かと出逢う 三叉路
別々の道から
  偶然を装いながら
  必然につながっていた

マウスをクリックすると
  窓から 空が降り
一本道と一本道が 呼び合って
 数え切れない 三叉路に
   見たことのない星座が
いくつも えがかれている
  遠い宇宙から
    手紙のように
言の葉は てのひらに

電源が失われても
  三叉路で手を振っている

わたしは ここよ


  
綿の花

萎えるほど
色づいて
紅くなる
綿の花

純白の花びらは
暮れる命に
あなたの名を
呼んで

焼きつけて
焦がれて
あでやかに
紅(くれない)の幕を閉じ

枯れてゆくまで
あなたの名を
呼んで


  
根っこ

公園の木
枝から伸びた か細い小枝
子どもたちが パチパチ折って
遊んでいた

夜になると
木の根っこは
みろく菩薩の手になって
大きく 深く
長く 伸びていく
大地と同化して

明日 子どもたちが
遊びにきても 大丈夫
手折られても
また 生えかわる
土にかくれた 菩薩は
にっこり 笑っていた

ひ弱い枝は
風の吹くまま 揺れている
小さな 赤ちゃん葉っぱが
生まれていた


  紡ぐ

言葉を紡ぐ 喜び
それは ひとつの
出逢いと似ている

一粒の雨を
一枚の花びらを
ひとひらの雪の結晶を
見えない塵を

この手のひらに
受けとめられた
ひとつの軌跡と 
似ている

そして 
煮っ転がしを 
作る時間と似ている
手間ひまかけて
何度も味見して
おふくろの味を
見つけた発見と似ている

言葉を紡ぐ 喜び

美味しい!と
あなたの顔が ほころぶ
瞬間

そのものだ!


  ことだま

あわゆきの はなびらは
 いとゆうに ちりみだれ
  しめやかに まいおりて
   てのひらに こぼれおち
    るりいろの そらをよぶ



 栞


一冊の本の重みに
だまって はさまれている

ながれる時間のままに
めくれる頁の 言葉の旅をする

ちいさな瞳で
果てしのない 空一面を
見わたしているように

一冊にえがかれた
あまたの言葉から 
滴りおちている
汗と 涙と 血と 肉に
さりげなく はさまれている

呟き 嘆き 笑み 叫びに
しずかに 寄り添って
うすい紙一重で 受けとめている



  つきのなみだ

地上にあふれた ことばが
月にとどくとき
月は そっと
なみだをながす

ちいさな雑草
いっぴきのアリ
鳴きつくす せみしぐれ
枯れていく はっぱ
だまっている 貝殻
捨てられた 紙くず
とどこおっている 澱
うごかない てあし
話せない くちびる

ことばにならないけれど
ことばよりも とうめいな風のこえ

しずかな夜
月は耳をすませて
きいている
形にならない
ことばの影

それは 月ににじむ
むすうのなみだの沈黙 
そのしじまのために
月はくらやみにほほえみ
夜から薄れゆく
透きとおる光のために
月はなみだを
ながしている




posted by 水月 りら at 23:34| 詩/ポエム | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

詩集「にじのはし」 第4章 1

にじのはし

にびいろの雨雲に あながあき
ほんのり明るくなる地上

生まれてすぐに息絶えて
影がほしいとさまよう子どもに
あわい光がテをつなぐ

影のない子が光の道にすくわれて
のびやかにわたる にじのはし

はぐくまれていた つかのまのきおく
しずかな安らぎによみがえる

空と地上をつなぐ なないろは
おかあさんとつながっていた 
命の帯




  ひと粒の雨

かなたの空から
落ちてくるひと粒の雨
だだっ広い大地に
まっすぐに
かぎりなく
一点を見つめて
落下の夢は
跳ね返る大地の息吹
とどまり
流れ
土の潤いのひと粒になり
風の艶のひとかけらとなり
何かと結ばれて何かになるために
かなたの空から
やってくるひと粒の雨
その行方はいつも
あなたの心を伝えている
ひと粒の雨
あなたという宇宙の木霊
  


  まもり神

眠るって どこまでも
あなたといっしょ
目を閉じると
まぶたの闇に
あなたが点る
小さな目映い
ひとつぶの光になって
やがて、あなたの顔になる
息絶える瞬間
あなたが迎えにやってくる
この低次元の幻への失望を
希望に変える
あなたは純粋
まぶたの闇に点る
魂の光は
この低次元の幻の企てから
いつもわたしを護っていた

眠るって 限りなく
あなたといっしょ
このまま魂はからだを抜け出して
あなたと創造する
この低次元の幻が演じる偽りを
すべて真実に置き換える
神というあなたと結ばれて
この幻の歪みが犯した過ちを
すべて消滅させてゆく
眠らない光は
やすらかな眠りを
この地球に

  

  

  長靴


余裕のある感触が 好きだった
水たまりを かけまわることも
水はねを 気にしなくていいことも
好きだった
雪道の サックサックという足音も
大好きだった

大雪の町から 長靴をはいて
電車に 三時間ゆれらた
にぎやかな駅には 
オシャレなブーツが
足早に 過ぎていく
居場所のない コンクリートの階段
カン高い靴音たち
路上を 木枯らしが吹きぬける

だけど わたしの足は
温められていた
あなたの内側から
湧きだす熱が 骨まで包む
ほかほかと 
体の芯に 語りかけてくる

あなたが あったかいよ

白い息を 吐いたら
こぼれ落ちてきた 



  
むら雲

きみの姿が 
闇に冴えかえり
じゅんぱくの光が
ぼくの夜に零れ落ちる

手をにぎると
そこから 君が
とうめいに なっていく

透けた輪郭を
手探りで なぞり
君を たしかめている

強く 抱くほど
ぼくの体を すり抜けて
君は 透きとおる

手をはなすと 
夜空にのぼる 君
まるく蒼白く 遠くなり

星にも 海にも 露草にも
君は ほほ笑んでいる

ぼくは 時々
ひとり占めしたくなる
くろい雲になって
君を かくしている


posted by 水月 りら at 23:18| 詩/ポエム | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。